メニュー

光によるしみ治療

しみの治療方法に、光を使うものがあります。特殊な器機から照射されるIPLという光を使って、しみを目立たなくするというものです。メラニンにダメージを与え、真皮層のコラーゲンを増やすため、しみだけではなくそばかす、小じわ、たるみなどにも効果があります。光とレーザーとの違いは、光の波長の差にあります。レーザーの方が波長が強いため、光のは肌の浅い範囲に効果があります。光は、しみ治療をした時にテープをつけなくてもいいというものです。2センチ×1センチ角を一度にまとめて施術できることも、光治療のいい点です。お肌を広く光で治療することが可能なために、透明感のある引き締まったお肌になれます。出力が低いため、レーザー治療のような肌の深部にまでは届きませんが、光で治療をすることで濃く目立つしみも治療効果を期待することができます。最近は日本人の肌向けに開発されたライムライトという光治療器が話題になっています。肌タイプや、皮膚のコンディションに合わせた設定が可能なので、薄いしみやそばかすの治療にも使える装置です。肝班というしみを治療することもできます。光治療を施した後は、しばらくの間は患部に無用な刺激を与えないようにします。触らずそのままにしておくことで、かさぶたが徐々に取れていきますので、いじらないようにすることです。最近は、軽い気持ちでしみ治療を受けることもできるようになりましたので、調べてみてはどうでしょうか。

顔の若返り

加齢と共に顔のしわやたるみはどうしてもふえていますが、若返りにいい方法はないでしょうか。若さを維持するために顔の若返り方法を探している人も多いことでしょう。どういうことを実践すると、顔の若返り効果を得ることができるものなのでしょうか。年を取ると、どうしても加齢の影響が顔に表れて見えますが、口元と目元のお手入れをすることで、若返りの印象を人に与えることができるようです。顔の若返りには、目元と口元をどんな風に見せるかが、大きな影響を持ちます。ほうれい線がはっきり見えると年をとって見えるので、ここがポイントです。加齢によってほうれい線が際立つようになるのはなぜでしょうか。人によっては、まだ若いうちからほうれい線が目を引くこともあります。ほうれい線だけではなく、顔のしわ全体にも通じることですが、しわが出来る原因として考えられるのは、顔の筋肉の衰えです。顔は筋肉で広く覆われていると言われていますが、日常生活の中で使っている顔の筋肉は全体の3分の1程度で、使っていない筋肉の方が多いくらいだといいます。筋肉は、使えば増強されますが、使わなければ弱っていきます。顔の筋肉が弱くなることで、皮膚がたるむわけです。筋肉の衰えが皮膚のたるみにつながるのは顔の筋肉に限った話ではなく、例えば二の腕も筋肉が減れば、それによって腕のたるみが目立ちます。年をとっても顔の筋肉が衰えることがないよう、表情筋のエクササイズなどをして筋肉を鍛えることが、顔の若返りには効果があるようです。

顔と口元の若返り

顔の若返りを目指すならぱ、口元のケアが重要になります。口のまわりの細かいしわやほうれい線などは、年齢が出るとよく言われています。確かに年齢とともに口元にはしわが出来てくるものです。口元のこじわがたくさんできると、お年寄りの場合は梅干しのように口の周囲がしわしわになります。口元のエクササイズをすることで口まわりの血流がよくなり、筋肉がよく動くようになって、口元のしわやたるみを減らすことができます。顔の筋肉を鍛える筋トレとして、顔のエクササイズを行うという方法です。継続することで、エクササイズは効果があります。インターネットで美容情報を扱っているサイトや、美容雑誌などをチェックすると、手軽にできる口元のエクササイズがわかります。若返りの効果が得られるエクササイズのやり方を知りたい場合は、インターネットで関連キーワードを使った検索をするといいでしょう。一番簡単な口元の若返りエクササイズは、大きな笑顔を作り、その笑顔を10秒間ほどキープする方法を数回繰り返す事です。次に、口を突き出すようにしながら、あ、い、う、え、おと順に声を出します。お、と発声する時には、唇を口の内側にまるめます。そのまま10秒維持することで、エクササイズの効果が発揮されます。顔のエクササイズは気軽に、簡単にできるものですので、ちょっとした時間の合間に実行する習慣をつけるのもいいかもしれません。加齢の影響を受けない若々しいお肌であり続けるためにも、顔の若返りエクササイズを続ける習慣をつけるといいでしょう。